グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


学部学科・大学院

ホーム >  学部学科・大学院 >  人間科学部 >  現代社会学科

現代社会学科


現代社会が直面する諸問題への 課題発見力と分析力を持つ スペシャリストになる。

社会学を中心とした学びの4領域を設置。現代社会を理解するための学問領域を複合的に学修することにより、社会学的な視点や調査・分析方法を習得。現代社会が抱える課題を発見し、解決できる人材を育成します。


学科紹介動画

学びの特色

社会学を中心に、社会福祉学をはじめ関連領域を複合的・専門的に学べるカリキュラム。学生の力を段階的に引き上げます。

1年次から演習を配置。フィールドワークを通して「持続社会のためのメカニズム」や「他者との共生」を学び、問題解決力につなげます。

より良い社会を築くために何が必要かを学びます。自ら課題を掘り起こし、寄り添い、解決法を導く力を身につけます。

親元を離れて自立し、小学校から続けていた大好きな野球をするために常磐大学に入学しました。将来は教員になり、野球を通して子どもたちを指導することを目標に、野球部の活動と勉強の両立に励みました。時間の使い方を工夫しながら教員対策講座や模擬面接など、先生方の丁寧なケアを受けて採用試験に合格。野球で培った技術と人としての在り方を次の世代に伝えるとともに、生徒と一緒に学び成長しながら、信頼される教師をめざします。
内定先

茨城県中学校教諭(社会)

現代社会学科4年 小野寺 航希さん
宮城県 仙台育英学園高等学校出身

取得できる免許・資格

  • 中学校教諭一種免許状(社会)
  • 高等学校教諭一種免許状(公民)
  • 社会調査士 
  • 司書
  • 社会福祉主事(任用資格)
  • 児童指導員(任用資格)
  • 司書教諭
  • 地域調査士 ※開設予定

めざす進路

行政・司法・公共サービスの分野 公務員(行政職)/公務員(福祉職)/法務教官/保護観察官
企画・経営の分野 銀行・証券会社/保険会社/農業協同組合/生活協同組合/社会福祉法人/医療・福祉関連企業
医療・福祉の分野 社会福祉協議会職員/ 児童相談所相談員/ 児童自立支援施設職員/児童養護施設生活指導員/児童福祉施設職員/障がい者支援施設職員/高齢者福祉施設職員/医療ソーシャルワーカー
教育の分野 中学校教諭(社会)/高等学校教諭(公民)/スクールソーシャルワーカー
進学 常磐大学大学院人間科学研究科/他大学の大学院

カリキュラム

茨城県を事例として、地域社会の変化を「開発」の視点から考えます。HITACHI、鹿島開発、筑波研究学園都市などの茨城の開発史をたどり、いばらきの課題と未来を考えます。

人々が働くために、あるいは居住するために国境を越えると、転出・転入双方の地域社会における関係性も変容します。国内外での事例や統計をもとに国際社会の課題を考えます。

児童虐待やヤングケアラー、LGBTQなど、家族に関わる様々な現象があります。それらの背後にある家族の変容を学び、これからの社会で家族が果たす役割への理解を深めます。

「社会」の実態を捉える技法、社会調査。この実習は、大学での社会調査の学修を集大成し、企画立案、実施、集計・分析といった調査の実際を実地で学び、調査力を修得します。

水戸市の課題解決プロジェクトを実施
グループワークは気づきのチャンス

現代社会学科4年 益子 佳大さん
茨城県 常磐大学高等学校出身
「ゼミナールⅠ・Ⅱ」では地域活性化をテーマに、水戸市の課題を見つけて改善策を検討するプロジェクトに取り組みました。グループワークでは自分にない考え方や視点を知ることができ、毎回楽しみでした。最終的に公共交通網の整備や都市機能の低下改善、大学誘致などを政策提言にまとめて、水戸市長の前で発表しました。卒業後の就職先は大手通信企業。このプロジェクトの経験を活かしながら、通信インフラの整備に取り組みたいと思います。

各科目の授業の詳細は、シラバス(講義要綱)検索から確認できます。



卒業論文のテーマ

  • 現代家族の個人化とこれからの社会
  • ヤングケアラーを社会的孤立から救うには
  • 孤独死に対する社会的見解と高齢化との関わり
  • 移住・引っ越しの観点から見る過疎問題
  • 消滅可能性都市と子育て支援政策
  • 茨城県のご当地グルメによる町おこしについて
  • アニメ聖地巡礼は地域に何をもたらすのか
  • プロスポーツによる地域活性化について
  • 防災教育の重要性と課題
  • コロナ時代の音楽フェスティバル
  • 日本泳法「水府流水術」の過去と現在
  • エンターテイメント業界の戦略に関する研究 など

卒業後の進路

2023年3月卒業生 就職実績

将来、公務員を志望している学生に向けて、公務員試験合格に向けた対策学習会を実施。1年次から受けられます。講座は週に1回、各学年、志望分野に合わせた内容で展開しています。

茨城県庁/茨城県教育委員会/水戸市役所/高萩市役所/茨城県警察本部/笠間市消防本部/小美玉市消防本部/喜多方地方広域市町村圏組合消防本部/一般社団法人茨城県建設技術公社/水戸市社会福祉協議会/ひたちなか市社会福祉協議会/社会福祉法人慶育会/社会福祉法人ナザレ園/特定非営利活動法人虹のポケット/ふくしま未来農業協同組合/日本製鉄株式会社/日本ペイント株式会社/茨城セキスイハイム株式会社/茨城交通株式会社/常洋水産株式会社/関彰商事株式会社/株式会社フジタビジネスマシンズ/株式会社MonotaRO/株式会社ヤマダホールディングス/イオンリテール株式会社/ネッツトヨタ水戸株式会社/トヨタモビリティパーツ株式会社/コマツ茨城株式会社/株式会社福島マツダ/株式会社スズキ自販茨城/株式会社コスモス薬品/水戸証券株式会社/茨城県信用組合/水戸信用金庫/株式会社NTT東日本-南関東/学校法人常磐大学

1年次から参加可能な公務員試験対策学習会

<公務員試験対策学習会の内容>
  • 筆記試験対策
    「教養科目」「専門科目」双方について、過去問題を解きながら学習を進めます。特に文科系学生が苦手意識を持ちやすい数的推理・判断推理を中心として実施しています。
  • 論文・面接対策
    本番で力を発揮するには、数をこなし、場慣れをしておくことが大切。予想されるあらゆる設問について、模擬面接を行うなど、OB・OGの協力を得て、実践的な対策を行っています。

3つのポリシー

アドミッションポリシー

カリキュラムポリシー

ディプロマポリシー

教員一覧

専門
河野 敬一 教授 人文地理学、歴史地理学
水嶋 陽子 教授 家族社会学、社会老年学
北根 精美 教授 社会調査、情報社会論、異文化コミュニケーション
長谷川 幸一 教授 組織社会学、知識社会学、人間科学の歴史
崔 蘭英 准教授 朝鮮近代史、東アジア国際関係史
小笠原 尚宏 准教授 地域社会学、宗教社会学、日本民俗学
若林 功 准教授 社会福祉学、職業リハビリテーション
田嶋 知宏 准教授 図書館情報学、アーカイブス学
小森田 龍生 准教授 社会問題、ジェンダー学、自殺予防学
平塚 謙一 助教 社会福祉学

大学公式サイトへ

先生の授業をのぞいてみよう!

大学の「学問」って難しい?
トキワの「学問」はアナタに、そして社会につながるものばかり。
そんなトキワの学びを紹介します。

「TOKIWA Q&A BOOK」を見る
(デジタルパンフレット)