グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


学部学科・大学院

ホーム >  学部学科・大学院 >  大学院 >  人間科学研究科 修士課程

人間科学研究科 修士課程


複眼的に人間理解に努めることのできるカリキュラムを整えています

修業年限 2年 入学定員 10名 取得可能学位 修士(人間科学)
心理学、教育学、社会学、情報学や被害者学、地域振興学といった周辺諸科学の英知を集め、複眼的に人間理解に努めることのできるカリキュラムを整えています。
その特性に鑑み、領域を横断した研究計画やテーマに臨むための基礎を築く「人間科学の方法論研究」「人間科学合同演習」などの科目を充実させています。

研究領域/カリキュラム

共通

  • 人間科学の方法論研究
  • 人間科学合同演習
  • 人間科学合同特別演習
  • 修士論文研究
  • 修士論文特別研究

第Ⅰ領域「人間の発達と適応」

人間の行動の発達過程を生命科学の手法を用いて解明し、心の発達と行動や熟達を心理学的に分析します。また、学習による人格形成の教育学的研究を行います。

  • 生命科学特論
  • 生命科学演習
  • 生命科学特別演習
  • 公衆衛生科学特論(保健医療分野に関する理論と支援の展開A)
  • 公衆衛生科学演習
  • 発達心理学特論
  • 認知科学特論
  • 認知科学演習
  • 学習心理学特論
  • 学習心理学演習
  • 人格心理学特論
  • 人格心理学演習
  • 行動適応学特論
  • 心障心理学特論
  • 教育学特論 Ⅰ
  • 教育学特論 Ⅱ
  • 教育学特論 Ⅲ
  • 教育学特論 Ⅳ
  • 教育学演習 Ⅰ
  • 教育学演習 Ⅱ
  • 教育学演習 Ⅲ
  • 教育学演習 Ⅳ

第Ⅱ領域「人間と社会・コミュニケーション」

社会学、社会心理学を基礎にして、人間の心性と人間がつくる集団・組織の構造と機能、それを支えるコミュニケーションの特質を解明します。

  • 社会学特論
  • 地域社会学特論
  • 地域社会学演習
  • 地域振興特論
  • 地域振興演習
  • 家族社会学特論
  • 家族社会学演習
  • 産業・労働社会学特論(産業・労働分野に関する理論と支援の展開)
  • 産業・労働社会学演習
  • 産業・労働社会学特別演習
  • 社会心理学特論
  • 社会心理学演習
  • 地域福祉特論
  • 地域福祉演習
  • 被害者学特論(司法・犯罪分野に関する理論と支援の展開
  • 被害者学演習
  • コミュニケーション論特論
  • コミュニケーション論演習
  • マス・コミュニケーション論特論
  • マス・コミュニケーション論演習
  • マス・コミュニケーション論特別演習
  • 情報と社会特論
  • 情報と社会演習

第Ⅲ領域「臨床心理学」

教育、福祉、医療界をはじめ、行政機関や企業で活躍する臨床心理士を養成します。(公財)日本臨床心理士資格認定協会から第1種指定大学院として指定されており、修了後すぐに臨床心理士試験の受験資格が得られます。また、公認心理師受験資格取得カリキュラムにも対応しています。

  • 臨床心理学特論 Ⅰ
  • 臨床心理学特論 Ⅱ
  • 臨床心理面接特論 Ⅰ(心理支援に関する理論と実践)
  • 臨床心理面接特論 Ⅱ
  • 臨床心理査定演習(心理的アセスメントに関する理論と実践)
  • 臨床心理査定特別演習
  • 臨床心理基礎実習
  • 臨床心理実習 Ⅰ(心理実践実習)
  • 臨床心理実習 Ⅱ
  • 臨床心理学研究法特論
  • 臨床心理学演習
  • 臨床人格心理学特論
  • 臨床発達心理学特論(教育分野に関する理論と支援の展開)
  • 臨床学習心理学特論
  • 臨床家族心理学特論(家族関係・集団・地域社会における心理支援に関する理論と実践)
  • 臨床心理関連行政論特論
  • 臨床精神医学特論(保健医療分野に関する理論と支援の展開B)
  • 臨床健康医学特論(保健医療分野に関する理論と支援の展開C)
  • 障害者(児)心理学特論(福祉分野に関する理論と支援の展開)
  • 投映法特論
  • 心理療法特論
  • ケース・カンファレンス特論 Ⅰ
  • ケース・カンファレンス特論 Ⅱ
  • ケース・マネジメント実習 Ⅰ(心理実践実習)
  • ケース・マネジメント実習 Ⅱ(心理実践実習)
  • 心の健康教育に関する理論と実践

研究指導教員一覧

(2022年6月現在) ※2023年退職予定の教員も含まれます。

第Ⅰ領域

教員名 専門
中原 史生 教授 動物行動学、比較認知科学
申 紅仙 教授 産業・組織心理学、人間工学、安全心理学

第Ⅱ領域

教員名 専門
西澤 弘行 教授 コミュニケーション学、EMCA、言語学、日本語教育学、認知科学
長谷川 幸一 教授 組織社会学、知識社会学、人間科学の歴史
文堂 弘之 教授 経営学、金融・証券論
水嶋 陽子 教授 家族社会学、社会老年学
千手 正治 教授 犯罪学、被害者学、刑事法
砂金 祐年 教授 政治学、行政学、公共政策論

第Ⅲ領域

教員名 専門
寺村 堅志 教授 非行・犯罪臨床心理学、心理アセスメント
馬塲 久美子 准教授 臨床心理学、家族心理学、異常心理学

学位授与の流れ

公認心理師(国家資格)の受験資格について

本学(常磐大学大学院、常磐大学)は、公認心理師法施行規則第二条に定める「公認心理師となるために必要な科目」に対応する授業科目を配置しています。

<公認心理師の受験資格を得るには>
大学(本学では人間科学部心理学科)で心理学その他公認心理師となるために必要な科目を修めて卒業し、かつ、大学院(本学では人間科学研究科人間科学専攻修士課程第Ⅲ領域)において心理学その他公認心理師となるために必要な科目を修めてその課程を修了することで、公認心理師試験の受験資格が得られます。詳しくは厚生労働省のホームページ等を参照してください。

修了生のキャリア

2021年3月 人間科学研究科 人間科学専攻
修士課程 第Ⅲ領域 修了
 真田 澪乃[公認心理師]
[常磐大学 人間科学部 心理学科 出身]

実践的な学びを深めた大学院の学修
メンタルクリニックで心理士として活動

大学院を修了して臨床心理士、公認心理師の資格を取得し、現在は心療内科・精神科のクリニックに勤務しています。薬物療法とは異なるアプローチとなる、心理カウンセリングや心理検査を担当。カウンセリングを通して、患者さんの心の悩みをお聞きしながら解決をめざします。また、復職をめざす患者さんを対象にしたリワークプログラムにも従事。認知行動療法を軸にストレスの対処法などの精神科デイケアに取り組んでいます。

振り返れば、常磐大学の心理学科では心理学実験実習の実践的な学びやグループワークを通して成長できました。大学院では心理臨床センターで発達障害もしくはそれに準ずる子どもたちと関わり、一緒に遊ぶプレイセラピーを実践。カンファレンス授業ではさまざまな先生方や先輩の意見を伺い、知見を深めることができました。また学校外の病院や就労支援施設、県警などの職場で心理職の見学や実習を行い、より実践的な体験をすることができました。常磐は実践的な学修が多彩で、書籍や論文が豊富なことも魅力の一つ。今後は認知行動療法を中心に知識と技術をブラッシュアップしながら、患者さんの心に寄り添ったケアをしていきたいと思います。

在学生の声

人間科学研究科 人間科学専攻
修士課程 第Ⅲ領域 2年
 藤田 真由
[常磐大学 人間科学部 心理学科 出身]

心理臨床センターで専門的な学びを深める
臨床家として人を見る力、考察力を高めたい

心理学科の学びを通じて「もっと臨床心理について学びたい」と考え大学院に進学しました。現在の研究テーマは「大学生における親性準備性の形成要因についての検討─乳幼児との接触経験、ライフスキルに着目して─」。親性準備性とは子育ての経験がない若い世代が親になるための知識やスキル、心理面での準備状態を指します。コロナ禍で児童虐待の報道が多いことから研究対象に選びました。親性準備性の発達に関わる要因として、乳幼児との接触経験や日常生活で生じる問題の解決能力、コミュニケーション力との関連性を研究しています。

学部の学びは、教養科目も含めて幅広く勉強しますが、大学院では先生や院生と意見交換をしながら視野を広げています。特に心理臨床センターの実習では、相談者の面接に同席することで、専門的・実際的な学びが可能です。さらにカンファレンス授業でさまざまな視点や考え方に触れて知見を深めています。修了後は公認心理師、臨床心理士の資格を取得し、精神疾患に悩まれている方をサポートしたい。そのためにも臨床家に必要とされる、人を見る力、物事を深く考察する力をつけていきたいと思います。

教員の声

人間科学研究科 人間科学専攻
修士課程 第Ⅰ領域
 申 紅仙 教授
 専門:産業・組織心理学、人間工学、安全心理学

基礎力をふまえた多様な視点で、
社会で活用できる力を培う

第Ⅰ領域の「人間の発達と適応」では、人間は発達過程でどのように成長し、社会の中でどう適応していくのかを心理学、教育学、行動科学の分野から解き明かします。私は産業・組織心理学、人間工学、安全心理学の複合領域を担当し、働く人を対象に心理学的視点からサポート、研究をしています。これまで医療、建設業、製造業、災害といったフィールドに関わってきました。現在は労働災害によって亡くなる人が徐々に減っています。企業に対する意識喚起やアドバイスなどの広がりと安全に関わる方々の努力の賜物であり、研究のやりがいを感じています。

常磐は多様な領域の先生方が揃い、幅広い視点から学ぶことが可能です。例えば合同演習で心理学領域の研究成果の発表でも、経営学や法律行政の先生方の意見を伺うことができます。それは多様な視点からの指摘に耐えうる深い学びにつながります。人生100年時代と言われ、70歳定年が取り沙汰される現在、さまざまな視点を得てキャリア形成を考えることが重要です。学びへの好奇心が旺盛で、実践力を備えた方を同士としてお迎えしたい。そして研究を深め、社会で活用できる力を培ってください。

3つのポリシー

アドミッションポリシー

カリキュラムポリシー

ディプロマポリシー