グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


学部・学科紹介

ホーム >  学部・学科紹介 >  大学院 >  人間科学研究科 修士課程

人間科学研究科 修士課程


複眼的に人間理解に努めることのできるカリキュラムを整えています

入学定員 10名 修業年限 2年 取得可能学位 修士(人間科学)
心理学、教育学、社会学、情報学や被害者学、地域振興学といった周辺諸科学の英知を集め、複眼的に人間理解に努めることのできるカリキュラムを整えています。
その特性に鑑み、領域を横断した研究計画やテーマに臨むための基礎を築く「人間科学の方法論研究」「人間科学合同演習」などの科目を充実させています。

研究領域/カリキュラム

共通

  • 人間科学の方法論研究
  • 修士論文研究
  • 人間科学合同演習
  • 修士論文特別研究
  • 人間科学合同特別演習

第Ⅰ領域「人間の発達と適応」

人間の行動の発達過程を生命科学の手法を用いて解明し、心の発達と行動や熟達を心理学的に分析します。また、学習による人格形成の教育学的研究を行います。

  • 生命科学特論
  • 生命科学演習
  • 生命科学特別演習
  • 公衆衛生科学特論(保健医療分野に関する理論と支援の展開A)
  • 公衆衛生科学演習
  • 発達心理学特論
  • 認知心理学特論
  • 認知心理学演習
  • 学習心理学特論
  • 学習心理学演習
  • 人格心理学特論
  • 人格心理学演習
  • 行動適応学特論
  • 心障心理学特論
  • 教育学特論 I
  • 教育学特論 II
  • 教育学特論 Ⅲ
  • 教育学特論 Ⅳ
  • 教育学演習 I
  • 教育学演習 II
  • 教育学演習 Ⅲ
  • 教育学演習 Ⅳ

第Ⅱ領域「人間と社会・コミュニケーション」

社会学、社会心理学を基礎にして、人間の心性と人間がつくる集団・組織の構造と機能、それを支えるコミュニケーションの特質を解明します。

  • 社会学特論
  • 地域社会学特論
  • 地域社会学演習
  • 地域振興特論
  • 地域振興演習
  • 家族社会学特論
  • 家族社会学演習
  • 産業・労働社会学特論(産業・労働分野に関する理論と支援の展開)
  • 産業・労働社会学演習
  • 産業・労働社会学特別演習
  • 社会心理学特論
  • 社会心理学演習
  • 地域福祉特論
  • 地域福祉演習
  • 被害者学特論(司法・犯罪分野に関する理論と支援の展開)
  • 被害者学演習
  • コミュニケーション論特論
  • コミュニケーション論演習
  • マス・コミュニケーション論特論
  • マス・コミュニケーション論演習
  • マス・コミュニケーション論特別演習
  • 情報と社会特論
  • 情報と社会演習

第Ⅲ領域「臨床心理学」

教育、福祉、医療界をはじめ、行政機関や企業で活躍する臨床心理士を養成します。(公財)日本臨床心理士資格認定協会から第1種指定大学院として指定されており、修了後すぐに臨床心理士試験の受験資格が得られます。また、公認心理師受験資格取得カリキュラムにも対応しています。

  • 臨床心理学特論 I
  • 臨床心理学特論 II
  • 臨床心理面接特論 I(心理支援に関する理論と実践)
  • 臨床心理面接特論 II
  • 臨床心理査定演習(心理的アセスメントに関する理論と実践)
  • 臨床心理査定特別演習
  • 臨床心理基礎実習
  • 臨床心理実習 I(心理実践実習)
  • 臨床心理実習 II
  • 臨床心理学研究法特論
  • 臨床心理学演習
  • 臨床人格心理学特論
  • 臨床発達心理学特論(教育分野に関する理論と支援の展開)
  • 臨床学習心理学特論
  • 臨床家族心理学特論(家族関係・集団・地域社会における心理支援に関する理論と実践)
  • 臨床心理関連行政論特論
  • 臨床精神医学特論(保健医療分野に関する理論と支援の展開B)
  • 臨床健康医学特論(保健医療分野に関する理論と支援の展開C)
  • 障害者(児)心理学特論(福祉分野に関する理論と支援の展開)
  • 投映法特論
  • 心理療法特論
  • ケース・カンファレンス特論 I
  • ケース・カンファレンス特論 II
  • ケース・マネジメント実習 I (心理実践実習)
  • ケース・マネジメント実習 II(心理実践実習)
  • 心の健康教育に関する理論と実践

研究指導教員一覧

(2020年6月現在)※2021年退職予定の教員も含まれます。

第Ⅰ領域

教員名 専門
中原 史生 教授 動物行動学、比較認知科学
申 紅仙 教授 産業・組織心理学、人間工学、安全心理学
大髙 泉 教授 理科教育学

第Ⅱ領域

教員名 専門
岩田 温 教授 コミュニケーション学、社会情報政策学
西澤 弘行 教授 コミュニケーション学、EMCA、言語学、日本語教育学、認知科学
長谷川 幸一 教授 組織社会学、知識社会学、人間科学の歴史
文堂 弘之 教授 経営学、金融・証券論
水嶋 陽子 教授 家族社会学、社会老年学
千手 正治 教授 犯罪学、被害者学、刑事法
砂金 祐年 教授 政治学、行政学、公共政策論

第Ⅲ領域

教員名 専門
水口 進 教授 臨床心理学、障害児心理学、学校心理学
馬塲 久美子 准教授 臨床心理学、家族心理学、異常心理学

学位授与の流れ

公認心理師(国家資格)の受験資格について

本学(常磐大学大学院、常磐大学)は、公認心理師法施行規則第二条に定める「公認心理師となるために必要な科目」に対応する授業科目を配置しています。

<公認心理師の受験資格を得るには>
大学(本学では人間科学部心理学科)で心理学その他公認心理師となるために必要な科目を修めて卒業し、かつ、大学院(本学では人間科学研究科人間科学専攻修士課程第Ⅲ領域)において心理学その他公認心理師となるために必要な科目を修めてその課程を修了することで、公認心理師試験の受験資格が得られます。詳しくは厚生労働省のホームページ等を参照してください。

修了生のキャリア

様々な心理学にふれた経験が今に生きている。 子育て支援と療育ができる専門家を増やしたい。

枝松 慎次郎 2007年3月 常磐大学大学院 人間科学研究科 人間科学専攻
修士課程 第V領域(現 第Ⅲ領域:臨床心理学)修了
社会福祉法人 木犀会 勤務

「実学重視」の学び舎だからこそ多くの知見を得られた。

大学の3年次に「臨床心理士になりたい」と思い、常磐大学大学院へ進学。心理臨床センターという充実した施設がありましたし、研究分野の壁がなく、様々な専門を持つ教授陣が丁寧に指導してくれるうえ、多くの先生と話ができる機会が意図的に設けられている環境に魅力を感じました。実際、私自身は「対話」を重視するカウンセリングを主に研究テーマに掲げる一方、その他の多様な心理学的アプローチを学ぶことができました。カウンセラーが行っていく「話を聴く」とは一体何なのかを議論していくカウンセリング心理学、個体と環境の相互作用を「行動」という視点で理解する行動分析学、実際に精神病院や学校で心理職として働く先生による具体例に基づいた講義など、多様で多面的な心理学にふれる経験を積むことができました。授業や研究会では一方的に先生が話すのではなく、院生との活発な議論が行われていました。院生の意見を教授が否定する場面はなく、「なぜそう思う?」と問われ、それぞれの意見を交わし合うことで、教えられたことを鵜呑みにせず自分で調べる姿勢が鍛えられたと思います。院生同士の勉強会を開こうとすると先生が快く研究室や実習室を貸してくれました。「実学重視」の学び舎だからこそ多くの知見を得られたという実感があります。

多様な心理学にふれるという学修経験が問題解決に役立っている。

常磐大学大学院での柔軟な学びは、公認心理師と臨床心理士としての幅を広げてくれています。私は今、社会福祉法人 木犀会に勤務し、茨城県の美浦村にあるケアステーション・コナンで子どもの発達支援や保護者支援を行っています。問題は「言葉が話せない」「偏食がひどく水を飲めない」「子どもとうまく関われない」など多岐にわたりますが、ゼミで身につけたカウンセリングの知識だけでなく、多角的な学修経験が現場で役立っています。現在は主に行動療法と言われる手法を使って仕事をしています。行動療法は「問題の原因はスキル不足か環境の不備なのでスキルを習得するか、環境調整を適切に行えば困り事は解決する」という考え方で、色々な問題にアプローチしていきます。今の夢は子育て支援と療育ができる専門家を増やすこと。勉強会などを積極的に行い、常磐大学や常磐大学大学院の卒業生とともに、発達支援や家族支援を必要とする人に迅速に手を差し伸べられる体制を整えていきたいと考えています。

在学生の声

「劣等感」とパーソナリティとの 関係を掘り下げる。

人は、容姿に自信がない、周りより勉強ができないといった「劣等感」に対して、努力する、逃避する、諦めるなどの異なる反応行動を示します。学部時代から劣等感について研究していたのですが、修士課程では「反応行動の違いはパーソナリティ(人格や気質)に関連しているのではないか」という仮定のもと、劣等感に対する反応行動をテーマに研究を行っています。具体的には被験者にアンケートを行い、ポジティブな反応行動の群とネガティブな反応行動の群に分けた上で「バウムテスト」という心理検査によりそれぞれのパーソナリティの特徴を導き出そうというものです。バウムテストは1本の木を描いてもらい、全体的な印象、木の形や位置、鉛筆の動きなどから心の内面を解釈していきます。私の研究では「三枚法」を取り入れ、3度描いてもらいます。1度目の木は「外側に見せている自分」、2度目は「内に秘めた自分」、3度目は「欲望・願望」を示すと言われており、「劣等感」とそこに発生する反応に関しては特に2度目と3度目を重視すべきだと考えています。

修士課程では研究に励む一方、教授が実際に行う発達検査やプレイセラピーに立ち会うなど、臨床の現場を実際に体験する機会が多く、充実した日々を過ごせています。公認心理師と臨床心理士の資格を取得し、常磐大学大学院での学びを生かして医療分野で多くの人たちを心理面から支援していくのが私の夢です。

3つのポリシー

アドミッションポリシー

カリキュラムポリシー

ディプロマポリシー