グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


学部・学科紹介

ホーム >  学部・学科紹介 >  総合政策学部 >  総合政策学科

総合政策学科


多様な学びで「地域活性化」に貢献。

国や地域を活性化する政策を、市民や公務員・企業人の立場から立案・提言できる能力を養います。
政治・経済、環境、文化、情報などの諸政策科学の基礎を学修し、地方創生や観光への応用力を身につけます。


学科紹介動画

学びの特色

取得できる免許・資格

  • 高等学校教諭一種免許状(公民)
  • 司書教諭
  • 司書
  • 学芸員
  • 社会教育士
  • 社会教育主事
  • 観光実務士
  • デジタル・アーキビスト受験資格
  • ISO14001内部環境監査員
    (研修による取得)

めざす進路

公務員 市区町村行政職/都道府県行政職/国家一般職
民間企業 旅行業/観光・宿泊業/鉄道・バス・航空事業者/民間金融機関/保険業・証券業/一般民間企業

学生インタビュー

すべて、夢につながる「i+link」

将来の目標|観光を通じて人や地域を支える未来を検討中!

総合政策学部 総合政策学科 3年
横田 紗彩 さん
茨城県 水戸第三高等学校出身

学生インタビュー・総合政策学部 総合政策学科学生写真

+link 学科の学び

観光で地域活性化に携わる人たちの
活躍を知ることができました
地域社会の実情と課題を知り、解決策を考える授業が豊富な学科です。自治体へインターンシップに赴く授業もあり、私はひたちなか市役所の観光振興課を訪問。観光地の管理やロックフェスでの広報活動、観光ガイド作成など、地域を観光で支える魅力的な仕事を知り、将来の選択肢が増えました。

+link 入学の決め手

観光に関わる科目が
充実している大学と感じたからです
旅行会社で働くのが憧れで、常磐大学の総合政策学科が観光学が充実していると知って進学を決めました。観光収入の地域格差や伝統文化の保全など、観光は地域社会の課題と密接に結びついています。総合政策学科は地域社会を多様な角度で眺めるため、観光を広い視野で考えることができます。

カリキュラム

観光概論

観光を学ぶことは現代社会や国際交流を理解する上で大切です。この授業では、観光の定義や構造など基礎知識の修得から、観光者行動、社会的影響、経済効果、地域活性化などの意義や重要性について実際の取り組み事例を通じて学びます。また日本版DMO、インバウンド観光、観光情報環境など最新の観光動向も考察します。

環境政策

地域における環境問題の実態を把握し、問題解決の対策を考察します。環境問題に対する多面的な見方を培うことで、今日の環境政策の問題点を指摘する力を養います。身近な問題として、家庭の水の循環プロセスやごみ集積所の様子を調査したり、水資源の開発と保全、自然保護、廃棄物の処理とリサイクル政策について学修します。

政治学原論

「車検」や「天下り」など、誰もが一度は耳にしたことのある身近なトピックから、政治への学びを広げていきます。リアルタイムの政治について、政治学の理論やモデルを使って自ら考え、解き明かしていくことで、メディアの報道や誰かの意見に左右されない「自分自身の意見を持つ」という主体性を身につけていきます。

各科目の授業の詳細は、シラバス(講義要綱)検索から確認できます。



授業での学びを生かし、旅行時はその土地の魅力や広告宣伝を分析。
観光雑誌の編集を手がけていた先生から、地域と観光の関係を幅広く学べます。印象的だったのは、観光地はつくれるということ。神社仏閣や温
泉、その土地特有の食べものなど地域の資源を生かすのが一般的と考えられていますが、テーマパークの開業が人を呼び込んだ例もあります。私
の夢の一つは、茨城県での音楽フェス開催に携わること。地域と観光を関連づけて考えるこの授業は、目標に近づくために有意義な時間でした。

総合政策学部 総合政策学科 3年
藤沼 美帆さん(茨城県 鉾田第一高等学校出身)

卒業後の進路

「地域政策学科」2020年3月卒業生 就職実績

就職率98.4%

卒業生数 63人 就職希望者 61人 就職者 60人

主な就職先 NTT東日本グループ会社/関彰商事株式会社/トヨタモビリティパーツ株式会社/いばらきコープ生活協同組合/株式会社ENEOSジェネレーションズ/富国生命保険相互会社/茨城県信用組合/日本郵便株式会社/羽田空港サービス株式会社/東京国税局/水戸市役所/高萩市役所/桜川市役所/常陸大宮市役所/ひたちなか市役所/茨城県警察本部

「コミュニティ文化学科」2020年3月卒業生 就職実績

就職率97.3%

卒業生数 28人 就職希望者 25人 就職者 23人

主な就職先 イガラシ綜業株式会社/日立建機ロジテック株式会社/茨城トヨタ自動車株式会社/ネッツトヨタ茨城株式会社/茨城三菱自動車販売株式会社/株式会社ヨドバシカメラ/株式会社山新/株式会社アドバンス/第一生命保険株式会社/株式会社常陽銀行/水戸信用金庫/北つくば農業協同組合/セントラル警備保障株式会社/株式会社としまや
※ 学科は2020年3月卒業生の学科構成です。 2017年度入学生より、学部・学科構成が変更になりました。

学科独自の取り組み

まちづくり・観光による地域活性化で社会に貢献

地域密着型の多彩な活動を行っています。茨城県立歴史館主催の「歴史館いちょうまつり」では、「たんけん!フォトさんぽ」を学生が企画・運営しました。歴史館周辺の魅力を訪れた人々に知ってもらうために、地図を片手に学生が選定したフォトスポットを探して撮影してもらうゲーム性のあるイベントです。地域と強く連携している常磐大学だからこそできる貴重な体験があります。

<地域密着型の活動例>

防災教育レクリエーション(城里町・古河市)

防災教育レクリエーション(城里町・古河市)

藤井川ダムカレーの開発 (城里町)

藤井川ダムカレーの開発 (城里町)

高校生に対する選挙教育(水戸市)

高校生に対する選挙教育(水戸市)

歴史館いちょうまつり(水戸市)

歴史館いちょうまつり(水戸市)

3つのポリシー

アドミッションポリシー

カリキュラムポリシー

ディプロマポリシー

教員一覧

主な担当科目 専門
渡部 茂己 教授 国際関係論 国際法 (法源論、国際環境法、国際人権法、国際組織法)
塩 雅之 教授 情報の処理 情報科学、eラーニング、デジタルアーカイブ
梅香 公 教授 英語 言語学
正木 聡 教授 観光概論 観光学
砂金 祐年 教授 公共政策 政治学、行政学、公共政策論
齊藤 泰嘉 特任教授 ミュージアム展示論 博物館学、美術館研究
町 英朋 准教授 情報の処理 デジタルアーカイブ、ソフトウェア工学
元木 理寿 准教授 環境政策 環境地理学、環境教育・ESD
佐々木 一如 准教授 政策過程論 公共政策学
吉川 勲 専任講師 英語 イギリス文学
山田 誠治 助教 経済学原論 産業組織論、地域経済論、産業連関論
板垣 浩正 助教 現代英文法 英語学、日本語学、認知言語学

大学公式サイトへ

先生の授業をのぞいてみよう!

大学の「学問」って難しい?
トキワの「学問」はアナタに、そして社会につながるものばかり。
そんなトキワの学びを紹介します。

「トキワの学びBOOK」を見る
(デジタルパンフレット)