グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


学部・学科紹介

ホーム >  学部・学科紹介 >  総合政策学部 >  法律行政学科

法律行政学科


法律や行政の知識で 安心・安全な社会をめざす。

法律や制度の知識を問題の合理的解決に役立て、また行政の対応について考えることができる人材を育成 。
さらに、人々の豊かな生活や安全安心な社会の実現のための方策についての提案力を養います。


学科紹介動画

学びの特色

取得できる免許・資格

  • 高等学校教諭一種免許状(公民)
  • 司書教諭
  • 司書
  • 学芸員
  • 社会教育士
  • 社会教育主事

めざす資格・検定

  • 法学検定
  • ビジネス実務法務検定
  • 宅地建物取引士
  • ファイナンシャル・プランニング技能検定
  • 司法書士
  • 行政書士
  • 社会保険労務士

めざす進路

行政系公務員 市区町村役場/都道府県庁/国家公務員一般職
法律系専門職 司法書士/行政書士/社会保険労務士
民間企業 金融、流通、販売等の民間企業における法務部門など
公安系公務員 警察官/消防士/法務教官/刑務官/自衛官/警察事務

学生インタビュー

すべて、夢につながる「i+link」

将来の目標|地域とのつながりを大切に活躍できる法律の専門家

総合政策学部 法律行政学科 2年
成瀬 恵弥 さん
福島県 湯本高等学校出身

学生インタビュー・総合政策学部 法律行政学科学生写真

+link 学科の学び

法律と行政の知識、
どちらも身につけ知見を広げる
報道される事件などの実例に沿って、法律がどのように活用されるかを学べるので、法律を理解しやすく、身近なものとして捉えることができました。また、まちづくりや地方自治、行政のあり方を法律の視点から考察する場面もあり、法律と行政の知識どちらも身につく環境が整っていると感じています。

+link 入学の決め手

茨城県をはじめとする
自治体と連携した密度の濃い学びが充実
法律を学べるだけでなく、茨城県や水戸市をはじめとする、さまざまな地域の行政・自治体と連携した授業を展開していることが入学の決め手になりました。実際に自治体職員の方々から、住民や地域のためにどのような政策を行っているのかといった、現場の声を聴く機会も豊富です。

カリキュラム

行政学

県内のさまざまな自治体職員の方を招き、自治体行政の運営や政策についてお話いただくオムニバス形式の授業です。「自治体プロモーション政策」「女性活躍」「まちづくり」などのテーマに沿って、講師である自治体職員との意見交換を交えながら、自治体の実態や地域との関わり方、問題解決への工夫などについて理解を深めていきます。

防衛法

「戦争」と「平和」や、合法的な「軍事」とは何かを法律の視点から学びます。戦争観とそれに基づく法制の歴史や、軍隊と自衛隊に関する知識などを身につけるとともに、必ず守られるべき「人道」という概念や、それに伴う「人道活動」について考えていきます。警察官や消防・防災関係をはじめ、公務員をめざす学生に最適な授業です。

消防法

消防の法的根拠や業務内容を知るとともに、消防法が実際どのようなかたちで運営されているのかを学びます。消防現場で働く方を外部講師として招き、実際の事例を交えながら消防法への理解を深めていきます。また、授業の中盤では、水戸市役所内にある防災センターと消防署の見学も実施しています。

各科目の授業の詳細は、シラバス(講義要綱)検索から確認できます。



公園調査で意識した犯罪抑止の3要素は警察官志望者の必須知識。
サイバー犯罪や民間防衛等の観点から社会安全がいかに守られるべきかを学びます。印象深いのは公園の安全性の調査で、私は朝昼晩、地元の公園を調べました。犯罪抑止には人の目が届き不審者をはねのける「抵抗性」「領域性」「監視性」が重要で、花壇や遊具の管理から抵抗性の高さ、街灯や隣接する住宅の数から監視性の高さなどを確認できました。
安全を守る視点は警察官志望の私にとって将来に生きるものと信じています。

総合政策学部 法律行政学科 3年
石川 莉那さん(茨城県 勝田高等学校出身)

卒業後の進路

学科独自の進路支援

警察官などの公安系公務員と行政系公務員。
それぞれの分野に特化した、現場を熟知した教員によるサポートを行っています。

分野ごとに展開する、充実した公務員養成プログラム

  • 公安系公務員(警察官・消防官など)のサポート
    少年法・犯罪学などの関連科目が充実したカリキュラムのほか、授業時間以外でも公務員試験に向けた勉強会も実施。勉強会では警察官採用試験を想定した模擬試験も定期的に取り入れ、合格に向けて着実に力を伸ばしていきます。さらに、卒業生である現役警察官による講話もあり、モチベーションアップにもつながります。
  • 行政系公務員(県・市町村一般行政職など)のサポート
    元茨城県庁職員で、茨城県の今後のビジョンや政策を審議する「茨城県総合計画審議会」の会長を務める吉田勉教授が直接指導を行っています。さらに、第一線で活躍する14名の自治体職員が講義を行う「行政学」を開講。あらゆるテーマについて職員と学生が意見交換をして、自治体行政部門の実務に即した形で自治体行政を学べます。

※ 法律行政学科は2017年度設置であり、卒業生は未輩出です。(2020年3月現在)

3つのポリシー

アドミッションポリシー

カリキュラムポリシー

ディプロマポリシー

教員一覧

主な担当科目 専門
岩田 温 教授 情報政策 コミュニケーション学、社会情報政策学
日向野 弘毅 教授 民法 民法
樋口 恒晴 教授 防衛法 安全保障論、防衛政策史
福澤 真一 教授 行政学 行政学、日本政治史・行政史
島谷 謙 教授 ドイツ語 ドイツ文学
森本 敦司 教授 商法 ビジネス法学、秘書学
千手 正治 教授 刑法 犯罪学、被害者学、刑事法
吉田 勉 教授 地方自治法 行政法学、地方自治論、公務員制度
尾崎 久仁子 特任教授 法学原論 国際法、人権法、国際刑事法
木下 恵二 准教授 中国語 中国地域研究、中国近現代政治史
鴨志田 康弘 准教授 社会安全政策 犯罪社会学
平田 亜紀 准教授 上級英語 異文化コミュニケーション、ヘルスコミュニケーション、健康教育
橋爪 英輔 助教 憲法 憲法

大学公式サイトへ

先生の授業をのぞいてみよう!

大学の「学問」って難しい?
トキワの「学問」はアナタに、そして社会につながるものばかり。
そんなトキワの学びを紹介します。

「トキワの学びBOOK」を見る
(デジタルパンフレット)