グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


学部・学科紹介

ホーム >  学部・学科紹介 >  大学院 >  人間科学研究科 博士課程(後期)

人間科学研究科 博士課程(後期)


人間や社会にまつわる諸科学を究める研究科です

入学定員 2名 修業年限 3年 取得可能学位 博士(人間科学)
生命科学、心理学、教育学、社会学、被害者学、犯罪学、法学、社会福祉学など、人間追究に欠かせない諸科学を集め、学際的、複眼的に人間をとらえることのできる体制を整えています。
他大学院修士課程修了者にも適した博士課程(後期)です。

研究領域/カリキュラム

共通

  • 人間科学研究法
  • 博士論文研究
  • 博士論文特殊研究

第Ⅰ領域「人間の発達と適応」

生命の主体としての個人、人間の発達と行動、そして発達する知的存在として人間を捉えて、生命の根源を探求する生命科学、人間の行動と心の発達を実証的な方法によって解明する基礎心理学と教育心理学や臨床心理学などの応用心理学、人間の成長と発達を促すための視点や方法を理論的•実証的に分析する教育学によって構成され、幅広く科学的に人間に関わる真理を究明します。

  • 生命科学特殊研究
  • 生命科学特殊演習
  • 公衆衛生科学特殊研究
  • 公衆衛生科学特殊演習
  • 発達心理学特殊研究
  • 認知心理学特殊研究
  • 認知心理学特殊演習
  • 学習心理学特殊研究
  • 学習心理学特殊演習
  • 臨床心理学特殊研究
  • 精神医学特殊研究
  • 教育学特殊研究
  • 教育学特殊演習
  • 教育心理学特殊研究

第Ⅱ領域「人間と社会・コミュニケーション」

社会学・社会心理学・社会情報学・地域振興・社会福祉·被害者学等の知見を総合して、人間の本質と社会と個人の結合原理を理論的・実証的に研究します。地域社会、集団、組織の機能と構造の解明をふまえてグローバル化している社会の国際比較分析を目指すとともに、社会関係を形成する個人レベルから集団・社会、そして国際社会にいたる人間のコミュニケーション行動を総合的に把握します。

  • 社会学特殊研究
  • 家族社会学特殊研究
  • 家族社会学特殊演習
  • 地域社会学特殊研究
  • 地域社会学特殊演習
  • 産業・労働社会学特殊研究
  • 産業・労働社会学特殊演習
  • 社会心理学特殊研究
  • コミュニケーション特殊研究
  • コミュニケーション特殊演習
  • 情報と社会特殊研究
  • 情報と社会特殊演習
  • 被害者学特殊研究
  • 被害者学特殊演習
  • 地域振興特殊研究
  • 地域振興特殊演習
  • 地域福祉特殊研究
  • 地域福祉特殊演習

研究指導教員一覧

(2020年6月現在)※2021年退職予定の教員も含まれます。

第I領域

教員名 専門
中原 史生 教授 動物行動学、比較認知科学
大髙 泉 教授 理科教育学

第II領域

教員名 専門
長谷川 幸一 教授 組織社会学、知識社会学、人間科学の歴史
文堂 弘之 教授 経営学、金融・証券論
水嶋 陽子 教授 家族社会学、社会老年学
千手 正治 教授 犯罪学、被害者学、刑事法
砂金 祐年 教授 政治学、行政学、公共政策論

学位授与の流れ

修了生の研究テーマ

  • 痴呆ケアと教育に関する研究
  • 台湾の若年者の職業への移行構造 -職業選択と労働移動を中心として-
  • 認知症高齢者グループホームの集団特性に関する研究 -入居者を中心とした相互作用の分析から-
  • Sexual Molestation on Public Transportation :A Victimological Approach
  • 刻印刺激によって強化されるニワトリヒナのキーつつき反応を維持する餌強化随伴性
  • Consequences of Carjacking in South Africa :An Empirical Study on its Victims
  • 大正期日本外交の強調と対立 -試行錯誤する大正期国際協調路線-
  • 情報化と組織論の再構築
  • Rosenbergの自尊心尺度をめぐる問題と自己肯定感尺度の作成と項目の検討
  • F.フレーベルにおける遊戯思想の成立と展開に関する研究
  • 「利用者主体の福祉サービス」の実践に対する行動分析学的視点の有用性とその視点に基づく援助者教育の必要性
  • 高度な職業能力の調達方式と仕事の管理 -日中企業の人的資源管理の比較を通じて-
  • 行動分析学的視点による攻撃行動の実験的研究 -消去誘導性攻撃行動の実験事態における攻撃バトと標的バト間の行動随伴性の相互作用の検討-
  • 白色レグホンのヒナのオペラント行動における履歴効果の制御変数の検討

在学生の声

ハトを実験対象に、効果的な行動変化の探究を続ける。

友人が「おはよう」といういつもの言葉に反応してくれない・・・そんな時、人間は不安や疑問を感じながら、次は「元気?」「ヤッホー!」など、声かけの方法を変える場合があります。過去の経験を踏まえた行動変化は「復活(resurgence)」と呼ばれるもので、私はハトを実験対象に、今まで餌をもらえていたのが急にもらえなくなった時、再び餌を得るためにどのような行動変化を起こすのかを調査し、生物が「復活」に至るまでの行動のプロセスを研究しています。ゆくゆくは私たちが思うようにいかない場面でどのように自分の振る舞いを変えるのが効果的なのかを把握できれば、人間関係の問題解決や円滑化も支援できるはずと考えています。

学部時代と常磐大学大学院の修士課程でも打ち込んできた行動分析学については、アメリカのシアトルやサンアントニオという都市で開催された国際学会に参加し、多くの人と意見交換するという刺激的な体験にも恵まれました。現在は博士課程で学ぶと同時に、公認心理師の資格を生かして障がい児通所支援施設で働き、地元の専門学校で発達心理学や臨床心理学などの講義も受け持っています。目が回るほどの忙しさですが、「大学院という進路を選んだからこそこれだけ充実している」と身にしみて感じられます。

3つのポリシー

アドミッションポリシー

カリキュラムポリシー

ディプロマポリシー