グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


学部学科・大学院

ホーム >  学部学科・大学院 >  看護学部 >  看護学科

看護学科


常磐大学看護学部では、「実学を重んじ真摯な態度を身につけた人間を育てる」という建学の精神に基づいた看護教育を展開します。そのための取り組みとして、水戸医療センターをはじめとする県内の国立病院機構と連携し、茨城県央・県北を中心に幅広い実習先を用意しました。茨城県の医療の未来を支える看護職を、地域全体で育てていく環境を整えています。また、超高齢化などめまぐるしく変化する社会に対応していくために、基礎から応用までの連続性を高めたカリキュラムによって、常に自分の頭で考え、科学的根拠に基づいた行動ができる能力を重点的に伸ばします。


学科紹介動画

学びの特色

ICTやアクティブラーニングを活用して主体的学修方法を獲得し、看護を学ぶ力を高めていきます。

水戸医療センターをはじめ、霞ヶ浦医療センター、茨城東病院と連携協定を締結し、看護系人材を育成しています。

地域をフィールドに、地域保健・医療の現状から見た看護の役割・課題の学修、今後必要性が高まる「地域包括ケアシステム」について多職種協働の力を養いながら学びます。

見和キャンパスと桜の郷キャンパスで学ぶ、キャンパスをつなぐシャトルバス

充実した環境のなかで看護を学ぶ
将来は女性の健康に寄与する助産師に

小学生のときに立ち会った弟の出産に感動し、助産師になりたいと思いました。

常磐大学を選んだ理由は、環境の素晴らしさ。桜の郷キャンパスは設備が新しく、ベッドが並んだ実習室は病院のようで、思わず襟を正します。ユニフォームが可愛いので、モチベーションもアップ。医療現場を身近に感じることで、命を預かる責任を持つことにつながります。わかりやすく丁寧に教えてくださる先生方のもとで、根拠に基づいた実践力や患者さんとの信頼関係の築き方、さらに、社会問題となっている産後うつや虐待の問題を解決するための力など身につけていきたいと考えています。

※ 卒業後、助産師養成学校に進学して資格を取る必要があります。

看護学科2年 岩渕 李彩さん
茨城県 水戸第三高等学校出身

取得できる免許・資格

  • 看護師国家試験受験資格
  • 保健師国家試験受験資格(選択制20名)※
  • 養護教諭一種免許状(選択制10名)※
※ 保健師、養護教諭をめざす場合、選択制の科目を履修する必要があります。
  • 社会福祉主事

めざす進路

看護師として 病院・診療所、訪問看護ステーション、介護施設などで勤務
保健師として 保健所、保健センター、企業などで勤務
養護教諭として 小学校、中学校、高等学校、特別支援学校などで勤務
進学 大学院、大学専攻科など
(学位取得、助産師などの資格取得)

カリキュラム

カリキュラム・マップ

学科科目とディプロマポリシーやコンピテンシーとの関係を示した表を公開しています。

ヘルスアセスメントⅠ

シミュレータを使って呼吸音の聴診法を学ぶ。

この授業では、患者さんの健康状態の評価(ヘルスアセスメント)だけでなく、必要な処置やケアの判断、異常の早期発見、ケアの評価など、さまざまな看護実践に結びつけるために有効なフィジカルアセスメント(身体状態の評価)の原則と方法について、講義および演習を通して学修し、技術を身につけます。
看護倫理
医療・看護の場では種々の倫理的課題に出会います。倫理的判断について学び、現場で生じる倫理的課題の質を見極め、個人の価値観を尊重して看護を実践する力をつけます。
生涯発達における援助技術
人の誕生から高齢期に至るまでの一生涯の発達に沿った母性看護、小児看護、成人・高齢者看護の援助技術と、心の健康状態に応じたコミュニケーションを学ぶ精神看護の技術を修得します。
海外看護研修
カナダのランガラカレッジで約2週間の研修を行います。保健医療施設の視察などを通して、国際的な視点から看護の理解を深めます。
地域包括ケア演習
多くの人々が20年以上の老年期を経験する時代に、幸せに生きられる生活を実現する保健医療福祉システムについて考えます。

看護学科3年 有馬 亜海 さん
茨城県 常磐大学高等学校 出身

患者さんを担当する実習は学びの醍醐味
チームで協力しベストなケアを

母親が入院をした経験から看護師をめざしています。授業を通して看護に関する考え方の幅が広がり、患者さんのニーズに合わせた看護を提供する自信がついてきました。実習では、患者さんと実際に関わるときの難しさを感じました。先生のアドバイスをもとに学生間で話し合い、課題を解決。チームワークや協力することの大切さを学びました。将来は、患者さんに少しでも安心してもらえるよう、笑顔を絶やさぬ看護師になりたいです。

看護学科3年 上野 京佳 さん
茨城県 勝田高等学校 出身

実習を通して看護の課題や役割を理解
地域で信頼される看護師、保健師に

常磐大学に入学したのは、看護学科が目標に掲げている「地域に根ざした看護職」が私のなりたい将来の姿だったから。さまざまな健康情報の中から正しい知識を地域に届ける看護師、保健師をめざしています。保健センター実習では高齢者や母子への健康指導を行い、地域保健・医療の現状から看護の課題や役割を理解することができました。学習、実習に適した環境で親身な先生方にも助けられ、友人たちと切磋琢磨しながら大学生活を送っています。

看護学科3年 佐藤 千莉 さん
茨城県 岩瀬 日本大学高等学校出身

多様な視点を育むグループワーク
将来は子どもの心に寄り添う養護教諭に

看護学科には、課題や解決策を多方面から考えるグループワークが多くあります。授業を通して、コミュニケーション力やリーダーシップが育ち、また何事にも疑問を持ち根拠のある行動をするということにつながりました。こうした経験から、実習においても個別性のある看護が提供できるように。養護教諭には、さまざまな知識と能力、技術が大切です。大学で学んだすべてを活かして、子どもたちの心に寄り添い、楽しく通える学校をつくる養護教諭になりたいです。

各科目の授業の詳細は、シラバス(講義要綱)検索から確認できます。



卒業後の進路

※ 看護学科は2018年度開設であり、2022年3月に一期生を輩出します。

国立病院機構からの奨学金

健康で学業成績、人物ともに優秀な、看護師をめざす学生に、次の国立病院機構による奨学金を紹介することができます(選抜有)。年額60万円、4年間で240万円が貸与され、貸与期間と同期間当該病院で勤務することで、返還が免除されます。
(1)水戸医療センター/(2)霞ヶ浦医療センター/(3)茨城東病院

3つのポリシー

アドミッションポリシー

カリキュラムポリシー

ディプロマポリシー

教員一覧

主な担当科目 専門
村井 文江 教授 看護職への道Ⅰ 母性看護学
坂間 伊津美 教授 母性看護援助 母性看護学
河津 芳子 教授 看護学概論 基礎看護学
細矢 智子 教授 基礎看護援助技術Ⅰ 基礎看護学
前田 和子 教授 看護課題の探求 小児看護学
中川 泉 教授 地域包括ケア演習 地域・在宅看護学
黒田 暢子 准教授 健康行動とヘルスプロモーション 成人看護学
池内 彰子 准教授 精神看護援助 精神看護学
小澤 尚子 准教授 成人・高齢者看護援助Ⅰ 成人看護学
沼口 知恵子 准教授 情報と看護展開Ⅱ 小児看護学
柳橋 礼子 准教授 看護管理とチームアプローチ 看護管理学
橋本 麻由美 准教授 異文化と看護 国際保健、国際看護
中田 久恵 准教授 母性看護学実習 母性看護学
板垣 昭代 准教授 健康教育演習 地域・在宅看護
猿田 和美 専任講師 学校保健 学校保健
市川 定子 専任講師 保健医療福祉行政論 地域・在宅看護学
田村 麻里子 専任講師 地域・在宅援助技術 地域看護学
南雲 史代 専任講師 小児看護援助 小児看護学
菅原 直美 専任講師 成人・高齢者看護援助Ⅱ 老年看護学
福田 大祐 専任講師 精神看護学実習 精神看護学
門間 智子 専任講師 小児看護学実習 小児看護学
栗田 順子 専任講師 地域・在宅看護援助Ⅰ 地域・在宅看護学
山口 幸恵 助教 基礎看護援助技術Ⅱ 基礎看護学
及川 けい子 助教 成人・高齢者看護学実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ 成人・老年看護学
海野 潔美 助教 地域・在宅看護学実習Ⅰ・Ⅱ 地域・在宅看護学
脇田 泰章 助教 ヘルスアセスメントⅠ・Ⅱ 成人・老年看護学
北島 元治 助教 基礎看護学実習Ⅱ・Ⅲ 基礎看護学
梅井 尚美 助教 地域・在宅看護学実習Ⅰ・Ⅱ 地域・在宅看護学
油谷 和恵 助教 成人・高齢者看護学実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ 成人・老年看護学
井上 顕子 助教 成人・高齢者看護学実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ 成人・老年看護学

大学公式サイトへ

先生の授業をのぞいてみよう!

大学の「学問」って難しい?
トキワの「学問」はアナタに、そして社会につながるものばかり。
そんなトキワの学びを紹介します。

「トキワの学びBOOK」を見る
(デジタルパンフレット)