グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


イベント情報

ホーム >  イベント情報 >  オープンキャンパス >  オープンキャンパス(2021年5月22日開催)

オープンキャンパス(2021年5月22日開催)


OPEN CAMPUS2021

参加費無料 事前予約定員制
以下は前回の内容です。
2021年の内容は決まり次第掲載します。

【参考】2019年5月23日のOPEN CAMPUS


5月23日【13:00~16:00】のプログラム

受付【12:30~】

まずは受付で参加票に記入を。案内ハガキをお持ちのかたは記入不要です。

スタートガイド 【13:00~】

当日のオープンキャンパスの内容を説明します。[20分]

大学短大紹介【13:20~/14:20~】

本学の特徴や各学科の概要などについて説明します。また、新しい入試制度について説明します。[各回30分]

学科紹介【13:30~】

各学科の特徴や学び方について各学科の先生が説明します。[30分程度]

授業体験【14:00~/15:00~】

学科別に大学の先生による授業を体験できます。最大2学科の授業を聞くことができます。[各回50分]

なんでも相談【13:30~】

入試制度や学費、学生生活についてなど、スタッフがお答えします。
※プログラムは変更になる場合があります。

ピックアップ

学科別 授業体験
学科別に大学の先生による授業が体験できます。各授業50分で最大2学科の授業を聞くことができます。

興味のある分野の講義に参加するもよし、全く知らなかった分野にチャレンジしてみるもよし。
とりあえず『大学体験』をするもよし。

あなたのマナビはもっと広がっていくはずです。

人間科学部

心理学科
14:00~14:50
秋山 邦久 先生
公認心理師と心理学
心の専門家としての日本初の国家資格である「公認心理師」の業務内容について解説し、大学で学ぶ心理学と公認心理師業務との関係について講義を行います。そこから、公認心理師の資格を取るためには、どのような学びを行えば良いのかについて説明していきます。
15:00~15:50
申 紅仙 先生
失敗とはかどりの心理学
日常生活での失敗と作業のはかどりを心理学的と労働安全衛生の視点から捉えます。今年は働き方改革関連法案・労働安全衛生法など、働き方を深く考える年です。今後のワーク・ライフバランスを正しく判断できるよう、まずは大学生活でのリスク管理からはじめてみませんか?
教育学科
14:00~14:50
渡邊 洋子 先生
小学校の先生を目指してみませんか
常磐大学教育学科で、小学校の先生を目指してみませんか。現在、70名を超える 卒業生達が県内外を問わず、正規採用され、活躍しています。本日は、本学科 を卒業し、それぞれの学校で活躍する先生方のお話を聞きながら、学校の先生の魅力について一緒に考えていきましょう。
15:00~15:50
佐藤 賢一郎 先生
幼児教育・保育の専門家になるために
大学で幼児教育を学ぶ学生が増えています。今後ますます注目される子ども・子育て業界において、高校生が進路を決めるうえで必要な視点についてお話します。また、常磐大学教育学科での複数免許資格の取得方法(幼稚園一種免許・小学校一種免許・保育士資格等)についても解説します。
現代社会学科
14:00~14:50
若林 功 先生
発達障害が社会を動かす
社会福祉の関心は人の幸せにあります。人はさまざまです。誰一人として同じ人はいません。人が多様であることを認める時代,これが現代の社会です。この授業では多様な人の中でも,発達障害に分類される人についてみていきます。発達障害を識ることで現代社会がより良く見えてくるかも知れません。
15:00~15:50
河野 敬一 先生
地域社会のみかた・考え方
私たちの住む地域社会にはどのような特徴があるのでしょう。また他の地域とどのような差があるのでしょうか。このような問題意識を地理学的な枠組みのなかでとらえ、身近な地域を例に挙げながら、地域の個性やその背景を理解する方法とその意味を考えていきましょう。
コミュニケーション学科
14:00~14:50
Kevin McManus 先生
英語で言語と文化の関連を考えよう!
食べる前に必ず言う「いただきます」とは、英語でなんて言うでしょうか?この体験授業では、他言語になかなか訳すことができない日本語と英語の比較をはじめとし、言語と文化の関連を考えながら、英語の諺やイディオムを学んでいきます。簡単な英語を学んでいきますので、得意な方もそうでない方もみんなで楽しみましょう!
15:00~15:50
髙木 幸子 先生
文化差:空気を読む日本人、主張する欧米人
グローバル社会の到来の中で、文化差について考える機会が増加しています。これまで日本人は感情をオモテに出さず空気を読む一方、欧米人は自己主張が強いといった差が指摘されてきました。こうした文化差は、どのように研究され、そして実際に存在するのでしょうか。コミュニケーションにおける文化差について、心理学の観点から考えます。
健康栄養学科
14:00~14:50
長谷川 順子 先生
おいしい給食を提供する裏側を覗いてみよう
小中学校での給食は楽しい時間でしたね。管理栄養士が活躍する場のひとつに給食業務があります。おいしく楽しい給食を提供するために、眼には見えない沢山のことを総合的に考えて献立を作成しています。給食の舞台裏をやさしくお話しします。
15:00~15:50
住吉 克彦 先生
生活習慣病予防のための食事・運動・睡眠
ヒトは、身体を動かすためにエネルギーになる食事をしますが、その食事によって病気になる人が多いのが事実です。日常的な習慣のちょっとした工夫で、健康で豊かな毎日を過ごすことができます。食事(栄養学)をメインに、運動、睡眠の基本について具体的にお話を致します。

総合政策学部

経営学科
14:00~14:50
文堂 弘之 先生
経営学って何だろう?
「経済学と経営学は何が違うの?」これは多くの高校生が感じる疑問です。それもそのはず。高校までで経営学を習うことはほとんどありません。しかし、実は経営学は私達の日々の生活に関わりが深く、しかも将来大変役に立つ学問です。私達が普段お世話になっている商品や企業などから、経営学の魅力を教えます。
15:00~15:50
村中 均 先生
マーケティングって何?-身近な事例で考える
マーケティングとは何のことでしょうか?PR?調査?いいえ、これらはマーケティングの一部にすぎません。マーケティングとは、売手と買手の間の取引を成立させ、それを発展させていく考え方であり、その実践です。授業ではマーケティングの基本的な考え方を、身近な事例を通して学んでいきます。
法律行政学科
14:00~14:50
吉田 勉 先生・千手 正治 先生
第1部:法や行政の学びはどう役立つのか?
第1部では、法律行政学科での学びを通して、県庁や市役所などの自治体職員、民間企業の職員、警察官として働く上でどのように役立つのかということについて、法律行政学科教員2名が話します。法律や行政といえば何か難しいと思う人もいるかもしれませんが、そこは大丈夫。高校生の方にもわかりやすく説明します。
15:00~15:50
吉田 勉 先生・千手 正治 先生
第2部:社会で活躍するのに必要なものとは
第2部では、常磐大学を卒業して、県庁、市役所、警察、銀行で働いている方をお呼びして、それぞれの分野で法律や行政に関する知識がどのように必要になってくるのかについて語ってもらいます。質疑応答の時間もありますので、常磐大学出身の先輩たちの声を聞いてみましょう。
総合政策学科
14:00~14:50
正木 聡 先生
観光学から地域観光資源を学んでみよう
観光学は観光の仕組み、社会的役割と影響などを、社会関係、人間生活における位置づけから考察して、[観光とは何であるか」、「人はなぜ観光をするのか」、「観光地を多くの人が訪れるのはなぜか」など基本的なことを学びますが、その動機や魅力となる私たち茨城県の地域観光資源を考えてみよう。
15:00~15:50
元木 理寿 先生
地域環境論-景観にみる地域の環境
経済社会の急速なグローバル化の進展や、地球環境問題への人々の意識の高まりは、これまでの人々が抱いてきた地域環境についてのイメージやモノの見方を大きく変容させている。今回は生活空間において日常的に見ている景観、映像(アニメーション)に見る景観から地域環境を捉える視点を学ぶ機会としたい。

看護学部

看護学科
14:00~14:50
黒田 暢子 先生
あなたにとっての「健康」について考えよう
皆さんは自分は「健康」だと思いますか?そもそも「健康」とは何でしょう?看護の対象となる人々は全て「不健康」なのでしょうか。「健康」の定義や健康の維持・増進のための活動・戦略(ヘルスプロモーション)について触れながら、あなたにとっての「健康」の定義について一緒に考えてみましょう。
15:00~15:50
中田 久恵 先生
生まれたばかりの赤ちゃんは未熟?
「人間は生理的早産の状態で出生してくる(Portomann, 1951)」と言われていましたが、赤ちゃんの様々な能力もわかってきています。生まれたばかりの赤ちゃんと私たちとでは、どこが違うのでしょう。生まれたばかりの赤ちゃんについて学び、赤ちゃんに関わる看護について紹介します。

短期大学

キャリア教養学科
14:00~14:50
髙池 宣彦 先生
信じられる情報はいったいどれ?
いま、何かを調べようとすると、世の中には情報が溢れかえり、ネット上には何の根拠もないフェイクニュースなども多く飛び交っています。そんななか、みなさんは、信頼できる情報をどのように探し当てているでしょうか。大学の司書資格に関する科目は、図書館のことだけを勉強する科目ではなく、自立した生涯学習者であるために、信頼性が高い情報を探し出し、評価し、効果的に活用できるようになることを学ぶ科目でもあります。溢れかえる情報をふるいにかけ、信頼性が高い情報の探し出す方法を一緒に学んでみませんか?
15:00~15:50
井手 雅哉 先生
3DCGのモデリングに挑戦
幼稚園などで経験した粘土での人形作りをコンピュータでおこなうイメージの授業です。あらかじめ段取りを練っておくことや複数の方向から対象を捉えることの大切さを感じ取ってもらえればと思います。
幼児教育保育学科
14:00~14:50
大内 晶子 先生
発達心理学入門
赤ちゃんは何もできない弱い存在だと思っている人が多いのではないでしょうか。たしかに赤ちゃんは一人で生きていくことはできませんが、お母さんのお腹の中にいるときから、様々な能力を持っています。赤ちゃんがなぜそのような能力を持っているのかを理解しながら、人間の発達ついて考えてみましょう。
15:00~15:50
村上 八千代 先生
「保育」ってこんなに面白い! 
~子どもたちの遊び場面のビデオから~
保育者を目指す高校生の中には、子どもたちは何もできない存在で、何かを子どもたちに「教える」のが保育士や幼稚園教諭の仕事だと思っている人も少なくないでしょう。しかし子どもは決して無能ではなく、多くの可能性に満ちています。「クスッ」と笑いたくなったり、「うるっ」としたり子どもの様子に共感することが保育のはじまりです。

アクセス



2021 年間スケジュール

その他のイベント

WEBオープンキャンパス

進学相談会

高校生応援イベント